二胡演奏法のテクニック・・・・・のように。

二胡演奏法のテクニック・・・・・のように037.gif

二胡のテクニックといえば、長弓、跳弓、颤弓(トレモロ)、揉弦(ビブラ-ト)、滑音(ポルタメント)、打音、拨弦(ピチカ-ト)など沢山あります。僕はこういうようなテクニックをわかりやすい為に、よく(・・・のように)説明しています。是非皆さんに参考して下さい。

揉弦(ビブラ-ト)の弾き方は沢山あります、弦の長さや弦の張力を変化して、波を出るのがすべてビブラ-トです。ここで基本的の滚揉について話します。滚揉のビブラ-トは庭鶏が餌を食べるように。
ポジション移動の弾き方は
ゆっくり場合
下げる時は電気のひもを引っ張るように。
上げる時は親指と人差し指で重みをついたひもを持ち上げるように。
速い場合
上下に跳ぶように
快弓の弾き方は箸を持って右から左に太鼓を速く敲くように。
颤弓(トレモロ)の弾き方は箸を持って右から左に太鼓を更に速く敲くように。
左手の形は半分拳、卵を中にあるように。
長弓の弾き方は魚が泳ぐように。(肘は魚の頭)
曲を綺麗に弾けるのは溢れるようなラ-メンのお碗を持ち歩くように。(:

                               劉 鉄鋼
[PR]
by ryutekkou | 2010-04-10 23:46 | 二胡テクニック