劉鉄鋼のまるわかり二胡講座 第5回 「二胡弦の交換のタイミング」

今回は、二胡弦の交換のタイミングについてです。
二胡弦は、通常の使用では切れることはあまりありません。
間違って強く締めすぎた時は別ですが(笑)
「切れたら交換」ではなく、「適切なタイミングでの交換」ということが大切です。
原則的には、二胡弦の使用期間は3か月~半年ですが、これは「弾く量」、「二胡弦のメーカー」また「湿度などの環境」によって異なってきます。

例として弦交換する二胡は、長い間ずっと交換していなかった二胡。
弦は、長く使うと伸びて細くなり、響きも悪くなります。また、完全五度音程(ドソ・レラ・ミシ・・・)も合わなくなります。五度音程がズレたら弦の交換時期。また、弦が錆びてきた場合も同様です。二胡を弾いた後は、毎回必ずお手入れ用クロス等で丁寧に汗や松脂を拭き取って錆びを防いでください。
二胡弦は、長くても1年を超えない期間での交換を目安にすると、正しい音程を維持することができます。値段は高くても品質の良い弦を使うと長持ちします。私は、「紅龍」を使用していますが、私個人の感想としては弦が太いので長持ちし、響きもとても良いと思います。弦を選ぶときの参考にしてください!
次回は、「微調整金具の取り付け方法」をお話しします。

劉鉄鋼

お求めはこちらから⇓
二胡クロス
二胡弦「紅龍



二胡をはじめ二胡の付属品など品揃え豊富な 中国楽器店 龍胡堂http://nikoryukodo.com/
[PR]
by ryutekkou | 2016-04-19 17:24