恩师仙逝,万分悲痛

みなさんこんにちは

昨日、11月3日に行う日本二胡学会二胡検定のための準備をしたとき、資料の中に日本二胡学会会長周耀锟(シュウ ヨウクン)先生が笑顔の写真を久しぶりに見ました。

でもその笑顔は永遠に見られなくなりました。

8月4日カナダから北京行きの飛行機の中で、周先生は亡くなりました。二胡の世界では大変重要な人物を失いました。
f0230637_12303290.jpg

周耀錕(シュウ ヨウクン)
中国中央民族楽団で首席奏者を20年余り務め、中国国内のみならず海外数十カ国で演奏。主編、録音を行った〈二胡練習曲集〉〈全国考級教材〉等は国内外の二胡学習者に広く利用され、全国二胡コンクールの審査員も担当。日本における二胡の普及のため2005年5月に来日。2009年11月まで天華二胡学院で講師を務めた。中国国家一級演奏家、国家級特殊貢献芸術家。

僕は来日10年、最初のころ周先生に3年間お世話になった事があります。本当に心から感謝します。
その三年間があったから、今の劉 鉄鋼がいる、二胡で生きていかれる。その三年間あったから、今の中国楽器店 龍胡堂がある、その三年間があったから、龍胡堂二胡教室の生徒さんは200人を越えています。

みんなは周先生の弟子の弟子です。角度を変えてみると、周先生は日本の二胡普及のためにとても貢献されたと思う。そして周先生の芸術人生上、僕のような人、お弟子さんは山程多いです、本当に二胡のために人生尽くされた。

僕の音色が周先生に届くように。


f0230637_12304911.jpg

[PR]
by ryutekkou | 2014-08-27 12:29 | My story