二胡の強の時の弾き方について

皆さん、今晩は018.gif
今週中はとっても忙しかったので、ブログをやる時間がなかなか。。。
皆さんに心配かけて、すみません。

今日は生徒さんからこいう質問を聞かれました。
二胡を弾く時、丈夫な音が弾けません、特に強い時強く弾けません、なぜですか?
僕がこの質問に対しては下のように考えてあります、皆さんに紹介したいと思います。

二胡の強の時の弾き方を影響するのは四つ主な原因と考えがあります。
1.弓の長さ、2.弦に対して、弓の圧力、3.運弓の速さ、4.松脂を付ける量
まず、私たちが弓を弾くことは鋸(のこぎり)を引くことに想像して見て下さい、この中のコツがすぐ分かると思います。鋸を引くとき、手からの圧力だけではなく、鋸の長さ、速さも必要があります。
1.弓の長さ
よくある人、弓を弾く時、いつも間中の一部だけしか使えません、腕が開けません。
解決方法、強弱によって、弓の長さで調節する。弱い場合、弓を短く弾く弾きます。強い場合、上腕から力を出す、腕開いて、長く弾きます。短弓は強い時もありますが、長弓の強の方はもっと強いです。

2.弦に対して、弓の圧力
弓の圧力といえば、すこし複雑です。
私たちこういうように考えて見ましょう。例えば、弓の重さは50グラムあります、腕の重さは5キロあります、もし、貴方は50グラムの弓で二胡を弾くと、出てる音はきっと細くて、丈夫ではありません。でも、もし弓を持っている腕は肩につながってない場合は、そうすると、腕は弓の一部になります、この弓の重さは5キロ+50グラムです。(腕の重力を利用して、腕の重さは親指に集中して弾く)こんなに重い弓で二胡を弾くと、きっと丈夫の音出るでしょう。

3.運弓の速さ 
弓は弦に圧力をかけたあと、速さはとても重要です。もう一回鋸を想像して見ましょう。手から力を出します、鋸に圧力かけます、この時腕は速く引く、鋸が動く事が出来ます、もしスピ-トがない場合、鋸は動かないはずです。手首使って、出だし強調します。

4.松脂の問題
ここで簡単に話します、松脂が少ない場合、弓は滑ります。多すぎる場合、雑音が出ます

皆さん、もし分からないところなどございましたら、是非コメント入れてください、僕の文章少しでも役に立ったら、嬉しいです。
では皆さん、おやすみなさい。

                             劉 鉄鋼(:
[PR]
by ryutekkou | 2010-06-15 01:03 | 二胡テクニック